【今月のおすすめアルバム】


MICHAEL FRANKS

《 アーティスト名 》

Michael Franks
マイケル・フランクス

《 アルバムタイトル 》

SLEEPING GYPSY
スリーピング・ジプシー





今回は、アーティスト&アルバム、ともにおすすめです!!


ジャズとも一味違い、フュージョンでもなく、ボサノバでもなく、ポピュラーともくくれない・・・
非常に安らげるのに、心地よい緊張感がつねに漂う・・・という何とも気持ちの良いサウンドなのです

時代を感じさせず、普遍的な何かを感ぜずにはいられない!
そんな気持ちにさせる マイケル・フランクス のアルバム

その彼の2枚目にあたるのが、この“スリーピング・ジプシー”
1977年の作品です

《 A.O.R. = Adult Oriented Rock 》

という位置づけをされているジャンルに属し
プロデューサーや参加ミュージシャンも重要な存在とされている場合が多いそうです
(注:アダルト・コンテンポラリーと分類されている場合も! いずれにしても、アダルト!! なのですねぇ)

ちなみに、このアルバムでは
プロデューサーのトミー・リピューマを筆頭に
ジョー・サンプル(ピアノ)
ウィルトン・フェルダー(ベース)
ジョン・グェリン(ドラム)
ラリー・カールトン(ギター)
ディヴィット・サンボーン,マイケル・ブレッカー(サックス) 他
・・・と、まるでライヴハウス「ブルーノート」のスケジュール表を見ているような顔ぶれ・・・

あまりにも自然な音の列に、ただただ聴き入るばかりです


現在までに、13枚のオリジナル・アルバムを発表し
また新しいアルバムをレコーディングする、と、2月来日の際におっしゃっていらしたそうなので
近いうちに、発表されることでしょう!
でも、もしかしたら、それは・・・
5月13日に2枚組のアンソロジーが出たそうなので、それの事かもしれませんが・・・
『 Michael Franks Anthology::Art of Love (Remastered) 』
(現在は輸入盤のみ)


彼の歌には、固有名詞がよく登場するのですが
アントニオ・カルロス・ジョビン (←ボサノバの大御所)
東京 (←奥様が日本の方なのです。山王日枝神社で挙式したとか・・・)
バビロン、ブラジル、(ジョン)コルトレーン、マイルス(デイヴィス) などなど
あげればきりがなく、そのあたりも興味深く聴けます

日本にも何度もいらしていて、2003年も大阪・東京にてライヴがありました!
いつも、銀のタマがたくさんついている楽器(カバサ)を手に取り
それを手の中でコロコロさせながら歌うのもトレードマークだったりいたします


それではまた次回をお楽しみに・・・



これまでのおすすめアルバム




専用掲示板
掲示板


音楽のページへ


お問い合わせ

Copyright (C) 2000-2009  Music Wonder Land Limited. All Rights Reserved.